セミナープログラム

ご覧になるセミナーをクリックしてください。

ホスピタリティデザインセミナー

会  場 南4ホール特設会場
聴講者席 約150席

聴講無料事前登録制

(法人の種類、敬称略)

※表を左右にスクロールしてご覧ください。

時間 2月16日(火) 2月17日(水) 2月18日(木) 2月19日(金)
11:10

11:50

主催:国際観光施設協会

ハイアットセントリック金沢

竹中工務店 名古屋支店 設計部

鈴木 貴紀

BOND DESIGN STUDIO

石川 康広

主催:国際観光施設協会

京都における3ホテル(エースホテル京都、ザ・ひらまつ京都、ザ・ホテル青龍 京都清水)

NTT都市開発 顧問

楠本 正幸

主催:国際観光施設協会

木の香りただよう生湯の宿
道後温泉 葛城 琴の庭

住友林業 建築市場開発部 副部長

杉本 貴一

主催:国際観光施設協会

Kimpton Hotels & Restaurants

総支配人

Nathan Cook

12:30

12:50

ホテルデザインを進化させる
革新的なプロダクト/
世界の人々が求める
ニューノーマルな窓辺

ノーマンジャパン

リノベーションで考えるべき
3つのポイント

SANEI

給湯方式切り替えによりコスト削減とメンテナンス性向上を実現
~個別給湯方式導入事例のご紹介~

日本スティーベル

京都の伝統技術で持続可能なライフスタイルを提案
―匠の技による自然との共生―

あたらしきもの京都

13:30

14:10

主催:国際観光施設協会

ACホテル・バイ・マリオット東京銀座『Feel the Ginza』
スペイン発祥のライフスタイル系ホテル アジア圏内での一号店

日建スペースデザイン チーフディレクター

米澤 研二

シニアデザイナー

橋口 幸平

主催:国際観光施設協会

基調講演
「ウィズコロナ時代の
ニューノーマル」

国際観光施設協会 副会長

涌井 史郎

主催:国際観光施設協会

ホテルエミオン京都

スターツホテル開発 代表取締役社長

川野 謙太郎

スターツ総合研究所 執行役員

浅野 一行

三井デザインテック デザインディレクター

山野 奈緒

三井デザインテック デザイナー

大磯 祐子

主催:国際観光施設協会

横浜ベイコート倶楽部ホテル&
スパリゾート
  +
ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜

観光企画設計社 インテリア設計部 部長

吉田 直弘

インテリア設計部 副部長

海鋒 雅宏

建築設計部 主任

大谷 文男

©Forward Stroke inc.

2020年9月、横浜みなとみらい21地区に開業した完全会員制リゾートホテル「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」と一般ラグジュアリーホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」の2つの高級ホテルについて、建築設計・インテリアデザインの設計・監理を担当した観光企画設計社のスタッフがご紹介します。

14:50

15:30

主催:国際観光施設協会

東京エディション虎ノ門
虎ノ門エディションと東京の未来

建築家

隈 研吾

安井建築設計事務所 東京事務所 設計部長

熊谷 泰彦

14:50~15:10

Withコロナ時代の
ホテルソリューション
ホテル向けブラビアを活用したスマート化と集客拡大のご提案

ソニーマーケティング

主催:国際観光施設協会

宿泊施設、ウイズコロナ時代の
環境整備

エコ・小委員

主催:国際観光施設協会

「富士屋ホテル」平成の大改修
クラシックホテル
~歴史を未来に紡ぐ~

石本建築事務所 設計部門 建築グループ 次長

神谷 俊雄

鹿島建設 横浜支店 工事事務所長

原田 卓也

富士屋ホテルは140年以上の歴史ある日本有数のクラシックホテルで、明治から昭和の個性豊かな建築群から成る稀有な存在である。耐震改修促進法改正を受け、耐震改修が決断された。「唯一無二を未来に紡ぐ」をコンセプトとし、安心・安全を確保しながら、文化財的価値を後世に引き継ぐと共に、厨房・レストランを新築し文化財建物と接続することで、更なるホスピタリティ向上を目指した大改修プロジェクトの取組みを紹介する。

16:10

16:50

16:10~16:30

自由に設計できるパラソルによる、
オープンエアで快適な空間作りのご提案

帝人フロンティア

15:50~16:10

海外目線で日本の価値を再定義
-伝統工芸と最新インテリアデザインの挑戦-

INSPIRATION OF KYOTO

主催:国際観光施設協会

FOUR SEASONS HOTEL TOKYO
AT OTEMACHI

三井不動産 ホテル・リゾート事業第二部
事業グループ 統括

石井 孝佳

鹿島建設 建築設計統括グループ マネージャー

小島 敏照

トレンドセミナー

会  場 西4ホール特設会場
聴講者席 約150席

聴講無料事前登録制

(法人の種類、敬称略)

※表を左右にスクロールしてご覧ください。

時間 2月16日(火) 2月17日(水) 2月18日(木) 2月19日(金)
10:50

11:30

10:50-12:30

●基調講演
危機に強い宿泊業の経営戦略

サービス産業革新推進機構 代表理事/工学博士

内藤 耕

コロナ禍で見えたのは、突然の需要の蒸発です。あまり意識していませんが、規模の違いはあっても、東日本大地震や台風の直撃、リーマンショック等で同じことが起こり、そのときも、同じ業種や地域で、企業によってお客様の戻りのスピードが異なっていました。過去の事例分析から、危機に強い経営のあり方について紹介します。

●パネルディスカッション
アフターコロナ:
飛躍へのロードマップ

パネリスト

日本ホテル協会 会長

小林 節

日本旅館協会 会長

浜野 浩二

観光庁 観光産業課長

多田 浩人

ファシリテータ

サービス産業革新推進機構 代表理事/工学博士

内藤 耕

観光産業における
新型コロナウイルス
感染症による影響と
支援策について

観光庁 観光産業課長

多田 浩人

外食産業における
AI配膳ロボットの目指す世界

銚子丸
アルファクス・フード・システム 専務取締役

藤井 由実子

帝国ホテルの現場力

帝国ホテル 東京 総支配人

金尾 幸生

1890年(明治23年)日本の迎賓館の役割を担って誕生した帝国ホテル。時代の要請に応えるサービスを提供してきました。
これまでの歩みや、サービス向上活動の紹介を通じて、帝国ホテルの強みでもある「現場力」を紐解きます。

12:10

12:50

地域経済向上に向けた
ワーケーションの活用

パネリスト

白浜館 代表取締役社長

中田 力也

南紀白浜エアポート 代表取締役社長

岡田 信一郎

ファシリテータ

日本能率協会マネジメントセンター 新事業開発部長

川村 泰朗

  • 南紀白浜における観光産業の現状と課題
  • 地域経済活性化・宿泊施設稼働率アップ・企業のラーニングに向けたワーケーション活用
  • ワーケーション定着化に向けた今後の展望

Withコロナにおける
労働生産性向上の取り組みと実例

全旅連青年部 労務委員会委員長
草津白根観光ホテル櫻井 常務取締役

櫻井博史 ほか

持続可能な
ガストロノミー
ツーリズムへの取組

国連世界観光機関 駐日事務所 代表

本保 芳明

各地でガストロノミーツーリズムへの取組が盛んであるが、断片的で効果が限定的なものが少なくない。それでは、どのような取組が、効果的で持続可能なのであろうか?

13:30

14:10

完全制度化直前
小規模でも取り込める
HACCP活用ヒント事例

HACCP実践研究会 事務局長

宇井 加美

NPO HACCP実践研究会として20年以上活動してきた。HACCPをうまく取り組んで活用してきた企業の事例。HACCPを手法として、現場で取り組むことで一般衛生の向上や職場の活性化につながる取り組み方。小規模なリテールでもHACCPの考え方を取り組むアイデア。
HACCP認証を取ったが、現場に浸透出来ていない問題の対応法。HACCPを自社の力にするヒントについての講演

NOと言わないおもてなし

ホテルオークラ東京 営業企画部 部長

服部 崇

地方創生におけるワーケーションの可能性とは
~宿泊業界の未来が見える~(仮)

全旅連青年部 流通・インバウンド委員会委員長
リゾートホテル モアナコースト 常務取締役

芝野 尚 ほか

SDGs達成に向けた
びっくりドンキーの
取り組み

アレフ
エコチーム リーダー

渡邊 大介

びっくりドンキーチェーン本部の株式会社アレフは、2050年までにCO2を80%以上削減(2013年度比)、2030年までにSDGs達成に貢献することを、中長期の環境ビジョンに定めて取り組んでいます。世界の共通目標に対して、私たちはどう貢献していくか。気候変動対策、食品ロス低減と生ごみリサイクル、再生可能エネルギー発電など環境負荷低減活動とSDGsターゲット7・12・13への貢献について紹介します。

14:50

15:30

急拡大するデリバリー市場に勝機あり
売上を200万上乗せするデリバリーノウハウを全公開

GLOBRIDGE
代表取締役

大塚 誠

デリバリー市場規模は5兆円。成長期マーケットに参入し、飲食店のハイブリッド売上を実現する手法を全公開!月売上200万上がる!

VISION会議による
理念とリスクの共有

居酒屋甲子園 理事長/Elevation 代表取締役 

山崎 聡

ホテルニューオータニ「5つ星」のおもてなし
~進取の精神で挑む
顧客価値向上の哲学~

ニュー・オータニ エグゼクティブハウス 禅 支配人

高畑 真紀

1479室を擁するホテルニューオータニ(東京)にある、87室の “ホテル・イン・ホテル” エグゼクティブハウス 禅。世界的ホテル格付け評価「フォーブズ・トラベル・ガイド」で、2年連続5つ星を獲得したエグゼクティブハウス 禅には、1964年ホテルニューオータニ開業当時より脈々と受け継がれてきた「進取の精神」が息づいています。Withコロナ時代のニューオータニの新たな挑戦についてお伝えいたします。

新しい価値、安心安全の清掃対策とニュースタイルブッフェについて

コアグローバルマネジメント 代表取締役

中野 正純

16:10

16:50

感染制御に配慮した
ホテル・レストランの
建築・設備デザイン

日建設計 エンジニアリング部門 設備設計グループ アソシエイト 博士(医学)

伊藤 昭

  • 感染制御科学の基礎知識について解説
  • 感染制御に配慮した医療福祉施設等のデザインからホテル・レストランへ応用出来る技術メニューを紹介
  • 新型コロナウイルス感染を制御するホテル・レストランの建築設備のライフサイクルデザインを提案

ホテルが実践する
食品ロス削減による
SDGsへの取り組み

日本ホテル ホテルメトロポリタンエドモント
取締役 総支配人

松田 秀明

ホテル内に「食品ロス削減プロジェクト」を発足、食材の調達から食品提供までの一連の中で食品ロスの発生個所を抽出し、解決策の検討、生ごみ計量による削減効果の実証、宴会時の食べ残しを減らす「3010運動」の実践、食材を余すことなく活用する「もったいないメニュー」の開発などに展開し、さらに、国連食糧農業機関(FAO)など国際機関と連携してのSDGsのシンポジウムの開催など、グローバル規模で連携の輪を広げた。

日本の”食”の未来 ~コロナ禍で見えた真の課題とデジタルの関係

NTTコミュニケーションズ C4BASE マネージングディレクター

戸松 正剛

ワールドピーコム 代表取締役

堀口 正人

世界ではSDGsにて「飢餓ゼロ」が目標となっており、栄養の「不足」が課題となる一方で、コロナ禍で見えてきた成熟国日本の”食”に関する真の課題はどこにあるのか?食に関わるサービス業はどう対応すべきか?食料自給率、フードロス問題から食の安心安全、日本食文化の復権など、消費者行動に大きな影響を与える課題群を整理しながら、解決の手段となるDX(デジタルトランスフォーメーション)の可能性を業界識者が対談。

給食・厨房セミナー

会  場 南1ホール特設会場
聴講者席 約130席

聴講無料事前登録制

(法人の種類、敬称略)

※表を左右にスクロールしてご覧ください。

時間 2月16日(火) 2月17日(水) 2月18日(木) 2月19日(金)
10:50

11:30

日本厨房工業会主催セミナー

食の安全・安心をデータ化!
厨房機器共通IoT
プラットフォームの開発

日本エレクトロヒートセンター
業務用厨房機器 IoT構築WG委員

関口 太郎

業務用厨房機器IoT構築WG委員

吉岡 克己

業務用厨房機器IoT構築WG委員

北川 貴博

日本エレクトロヒートセンターは、食品衛生法改正に伴うHACCP制度化に対応した厨房機器データのオープンデータベース「IoKプラットフォーム」を開発し、4月から運用を開始します。これにより、複数厨房機器メーカーが混在する厨房施設の一元管理が可能となり、記録業務の負担軽減、施設運営の効率化などが期待されます。ここでは、具体的なシステム導入のメリット、活用方法について各開発担当から解説します。

日本厨房工業会主催セミナー

厨房の省人化と
新型コロナウィルス対策

ニチワ電機 取締役 営業部長

唐澤 直仁

厨房の省人化優先のなかで発生したアフターコロナの時代、我々は如何に向き合うか!高齢者施設において、美味しい食事を提供し、厨房の省人化と感染症・食中毒対策のポイントについて解説致します。

日本厨房工業会主催セミナー

洗浄作業の省人化
~コロナ禍での新たな取り組み~

中西製作所 スマート洗浄機事業部
西日本営業課

布野 隆

外食産業における洗浄現場では昨今から続く深刻な雇用問題に加えアフターコロナの対策が求められています。
洗浄機を入れ替えるだけでは解消させないこの問題に省人化の視点から向き合うアイデアを提案いたします。

日本厨房工業会主催セミナー

釜屋が本気で運営している
クックチルCKの現状を
お見せします。

服部工業 営業部 係長

山元 薫 /

岡崎クックチルセンター センター長

磯谷 仁美

回転釜自動調理で出来ること、出来ないこと、クックチルで楽になること、苦労すること。10年以上運営し、大量調理厨房の理想を求め、取り組んだ業務で直面した問題・課題をどのように改善し、解決に取り組んでいるのか、本音をお伝えする事で大量調理に携わる皆様のお困り事が、一つでも減らせるお手伝いを致します。

12:10

12:50

日本厨房工業会主催セミナー

厨房のムダを無くす方法

ハイサーブウエノ 代表取締役社長

小越 元晴

コロナショックを乗り越え、飲食店が生き抜くためには、厨房のムダを無くすことが大切です。では、どうムダを無くすか?大手チェーン店とともに行って来たムダ削減プロジェクトから、ヒントをお伝えしていきます。

日本厨房工業会主催セミナー

知っておきたい!
これからのクリーン厨房
~HACCP制度化をふまえた
3つのポイント~

タニコー 南関東事業部 設計課 主任

齋藤 厚太

安心・安全なクリーン厨房を実現するために、総合厨房機器メーカーからご提案する3つのポイントを挙げてわかり易く解説いたします。

日本厨房工業会主催セミナー

変化する食事提供方法
~多様なシステム~

フジマック 営業本部 市場開発部 第二部
医療福祉施設開発部長

水谷 栄志

想定外の出来事が発生する昨今、食事の提供方法やそれを支える多様なシステムが大幅に変化しています。それらを業態別に具体的に御説明させていただきます。

日本厨房工業会主催セミナー

制度化の準備できてますか?
HACCP管理をサポートする
ITシステムご紹介

フクシマガリレイ 技術開発部 HACCP開発課

遠藤 英貴

食品を扱うすべての事業者に対し取組みが求められるHACCP。
衛生管理を見える化し、効果的に事故を未然に防ぐ管理手法ですが、「準備や実施が負担になる」とお考えではないでしょうか。
当セミナーでは、多店舗展開するお客様でも温度管理や一般衛生管理を、ITを用いることで省力化・自動化する方法をご紹介致します。

13:30

14:00

厚生労働省における
最新のHACCP制度化の
取り組み

厚生労働省 医薬・生活衛生局 食品監視安全課
担当専門官

リモート化における
コミュニケーション

ノンピ 執行役員

綿貫 貴大

社員食堂の目指す姿と
アフターコロナ時代を
見据えたこれからの取り組み

ココネ 執行役員 人事総務部長

北村 公一

ココネが目指す社員食堂のあるべき姿は、自分だけのお抱えの料理人(マイシェフ)がいると感じる存在になることです。
社員が美味しく楽しく満たされると同時に、一人一人が癒され受け入れてられていると感じる存在となるよう実践してきたことや、アフターコロナ時代を見据えた将来的なチャレンジをご紹介します。

日本厨房工業会主催セミナー

13:30 〜14:10

時代進化する新型調理機器が
生み出す
「効率の進化!」
「メニューの開拓!」

マルゼン 研究開発センター 部長

石川 智行

昨今、テイクアウト、デリバリー、人手不足という言葉が飛交っている。今後、我々メーカーとユーザー間には「調理機器の進化」「効率の進化」「メニューの開拓」が一層求められるであろう。新型のスチコン、ベーカリー、フライヤー等、こんな機器があった!こんな使い方があった!こんなことができたのか!を紹介します。

14:40

16:40

主催:日本弁当サービス協会

免疫力を高めるメニュー作り

国立がん研究センター東病院 栄養管理室長

千歳 はるか

新型コロナウイルスの世界的な流行に対し効果的なワクチン開発が期待される状況にあり、一方では、自らの力で感染症と戦う「免疫力」というところにも関心が高まっています。知識だけでなく日常の食事に取り入れ最大限に免疫力を発揮してこそ、コロナにも負けない体づくりとなります。
本セミナーでは、講師ご本人が運営に携わっているがんの症状別料理教室「柏の葉料理教室」で作成したレシピを紹介しながら「免疫力を高めるメニュー作り」についてお伝えしたいと思います。

【略歴】
東京家政学院大学 家政学部家政学科 管理栄養士専攻卒業後、6か所の国立病院、ナショナルセンターにて管理栄養士として勤務。精神疾患、神経筋疾患や呼吸器疾患等の専門病院、急性期総合病院に於いて栄養管理業務に従事。チーム医療では栄養サポートチーム、呼吸療法チーム、緩和ケアチーム等で活動。平成27年4月 国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院の栄養管理室長となる。
がん患者・家族が抱える食事の不安や悩みに対し、症状別料理教室『柏の葉料理教室』を開催運営。そのほか、がん患者さんの食支援として書籍やがんレシピ検索サイト「CHEER!」https://www.ncc.go.jp/jp/ncce/CHEER/index.htmlにより情報発信を行っている。
[資格]
管理栄養士
栄養サポートチーム専門療法士
病態栄養認定管理栄養士
がん病態栄養専門管理栄養士
[著書等]
がんサバイバーの毎日ごはん(小学館)著
がん患者さんのための国がん東病院レシピ2(法研)共著
胃を切った人のための毎日おいしいレシピ250(学研プラス)監修
国がん東病院発 抗がん剤・放射治療をしている人のための食事(ナツメ社)監修

主催:日本給食サービス協会

~安全・安心に
取り組んでおります~
「スポーツ栄養への取り組み」

日本給食サービス協会

主催:日本メディカル給食協会

ここが変わった食品表示法
~健康食品表示・アレルギー表示・特別用途食品表示~

消費生活コンサルタント
FOOD COMMUNICATION COMPASS
(FOOCOM:フーコム) 代表

森田 満樹

【略歴】
東京海洋大学非常勤講師
九州大学農学部食糧化学工学科卒業
農水省JAS調査会(農林物資資格調査会)部会委員
「外食における原産地等の表示に関する検討会」委員
消費者庁「食品表示一元化検討会」委員
「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」委員

日本厨房工業会主催セミナー

14:50~15:30

様々なウイルスに対応した
手洗い方法について

髙橋金属 商品開発部 商品開発課 課長

寺尾 昌洋

コロナウイルスの感染対策として、衛生管理の基本となる”手洗い”方法について講演致します。終息が見えにくいコロナウイルスをはじめ、ノロウイルスや各種食中毒菌に対する効果的な手洗い方法と効果的な管理方法、HACCPでも求められる記録について簡単・確実に実施できるものを提案致します。

テルマエJAPAN 2021

会  場 南3ホール特設会場
聴講者席 約40席

聴講無料事前登録制

(法人の種類、敬称略)

※表を左右にスクロールしてご覧ください。

時間 2月16日(火) 2月17日(水) 2月18日(木) 2月19日(金)
10:50

11:30

【温浴施設経営】
新たなチャレンジと
コンプライアンス

アクトパス 代表取締役

望月 義尚

コロナ禍で温浴ビジネスの風向きは一変し、これまでの成功のセオリーだけでは対抗できない逆風にさらされています。
この危機を突破するには、従来の常識にとらわれない新しいチャレンジが必要である一方、それはひとつ間違うとコンプライアンス問題に発展するリスクが潜んでいます。
本講座では、現実の成功・失敗事例をご紹介いたします。

デザイン経営と
温泉道場の
業態開発について

温泉道場 代表取締役社長執行役員兼グループCEO

山﨑 寿樹

業態開発を自社で行うために、デザインリテラシーの高い組織づくりをどのように行っているかをお話しします。

サウナイキタイ
データから見る、
ファンに愛される
サウナ施設

サウナイキタイ

鈴木 有

月間50万人が利用する日本最大のサウナポータルサイト「サウナイキタイ」では、多くのサウナ好きなユーザさんが今日行くサウナを探したり、サウナ体験の感想・記録を投稿しています。サウナファンの熱量を利用データを交えて紹介しながら、ファンに愛されているサウナ施設とその広がり方についてお話しできればと思っています。

【コロナショック】
スーパー銭湯の
生き残り策

ミュー(天然温泉満天の湯) 常務取締役

久下沼 伊織

コロナ禍で浮き彫りになったスーパー銭湯の強みと弱み。この業態に求められる役割を改めて再確認し、営業形態・雇用・衛生管理・設備修繕維持など、自店の戦略を見直すきっかけにしましょう。

12:10

12:50

コロナ時代の温浴施設と観光マーケティング

FRONTLINE
代表社員・観光発想系マーケティングプロデューサー

前 好光

Gotoトラベルキャンペーンで見えてきた日本の観光消費の本質。ポストコロナを睨んだ次代のツーリズムトレンドはどう変化していくのか、その中で温浴・スパ施設をどのようにポジショニングさせていくのかを考えます。

【温浴と介護】
売上1.9倍!シニア客受入れのポイント!

日本介護旅行サポーターズ協会 代表理事

糠谷 和弘

これから急増するサポートが必要なお年寄りを受け入れるメリットと受入れのポイントについて、事例も踏まえて公開します!

多様化する顧客ニーズに
どう応えるか?
温浴施設のインクルーシブマーケティング

スパイスアップ 代表取締役社長

望月 啓子

多くの温浴施設にとって、ターゲットは絞り込むものではなく幅広く受け入れるもの。しかし、全ての客層に同じアプローチをしても、誰の心にも響きません。
多様な顧客を「インクルード」=「含む」ことを前提に、それぞれが求めるニーズに応え、多くの客層に「この施設は自分のことを大切にしてくれる」と感じていただくためにはどうするか。ちょっとしたことから実行できるインクルーシブマーケティングのコツをお伝えします。

成功する銭湯再生の決め手

ニコニコ温泉 代表取締役

真神 友太郎

オーナーに代わって銭湯を経営する「銭湯代行業」。昨年夏に3店舗目となる銭湯「西小山・東京浴場」を引き継いだ。元々は休業していた銭湯をプチリニューアルした上で営業再開させた。あれから半年あまり経過し、今は見違えるように元気な銭湯となった。客層、営業時間、サービス内容、運営組織などあらゆる要素が劇的に変わった。その成功の秘訣を徹底紹介。

13:30

14:10

【設計】
常識を疑え!これからの温浴施設づくりとは

アクアプランニング 企画・設計部

坪田 未奈美

スーパー銭湯・日帰り温泉・スパ・健康ランド・都市型サウナ等、着実に発展を遂げてきた日本の文化である温浴施設のこれからを、過去の実例も交えながら“これまでの常識を疑う”という視点からみた施設づくりについてお話させていただきます。

需要急増!プライベートサウナ・アウトドアサウナの最新動向

メトス 代表取締役社長

吉永 昌一郎

2020年、人々の生活様式は大きく変化しました。ホテルをはじめとする観光関連業界、フィットネスジム等の業界、温浴業界は集客・収益ともに苦戦を強いられる日々が続いています。
一方で、アウトドア関連や「個」に特化した分野の消費は伸長傾向とすら言えます。
変化の大きな時流こそ新規事業のチャンスです。
これまでの事例や動向とともに「サウナといえばメトス」ならではの新規ビジネスのご提案をお届けします。

行列ができる
繁盛店の創り方

筑紫野 天拝の郷 取締役副社長

佐々木 寛

福岡県筑紫野市にて、もともとあった温泉施設を15年前にリニューアルして開業した「筑紫野 天拝の郷」。その時に館内に新たに設けた「自然食ブッフェレストラン 姫蛍」は、その後14年以上にわたり、平日でも1~2時間待ち、休日は最大3時間待ちが発生する人気レストランとして話題に。「行列ができる繁盛店創り」の秘訣を分かりやすくお伝えします。

2021サウナーと
温浴施設、
新しく楽しい関係

オアシス 月刊日刊サウナ代表・おふろの国店長

林 和俊

サウナを愛する「サウナー」さんと「温浴施設」運営者達がコロナの時代を経て、新しい関係に気づき始めた。

14:50

15:30

【儲かるSDGs】
地域経済再生の最先端

ノウハウバンク 代表取締役

三科 公孝

温浴湯屋外気浴の
デザイン手法

海老沢宏環境工房 代表取締役

海老沢 宏

湯浴は外気浴を旨とする。温泉につかり体の芯まで温められた後の外気は心地よく、露天風呂の醍醐味といえます。しかし湯屋の内湯はといえば、湯後の外気浴を楽しむには程遠い。そこで、内湯の外気浴のデザイン手法を、箱根天山や見奈良温泉利楽などの実施例を紹介しながら、解説します。

湯らっくす
27年間の歩みと
これからの話

共栄観光(湯らっくす) 代表取締役

西生 吉孝

お客様やスタッフに湯らっくすの向かっている方向を手を変え品を変えお伝えし続けました。その結果売上が4年で倍増いたしました。現在はコロナ禍で新しいやり方で内外に伝えております。どのようにして伝えていったかと現在についてお話しします。

【時流予測】
どうなる2021年の
温浴業界

アクトパス 代表取締役

望月 義尚

飲食や衣料業界における大量閉店など、コロナ禍によって厳しい逆風にさらされるマーケットがある中、温浴ビジネスはどうなって行くのか。最新動向を分析し、これからの温浴マーケットの行方と生き残り策を緊急提言。

16:10

16:50

コロナ禍を
チャンスに変える!
ユーザー行動を理解した集客術

ニフティライフスタイル 執行役員

井口 康弘

日々状況が変わる中で、withコロナとどう向き合っていくか?これまでとは異なる集客方法やアプローチが鍵となります。また、足を運ぶのを躊躇してるお客様がまだまだいる状況に対して、きっかけをどのように作っていくかも重要です。年間3,000万人以上の温泉好きが集まったニフティ温泉のユーザーの心理変化を分析し、これから有効な集客術に対して実際の事例も交えながらご紹介させていただきます。

【withコロナの施設運営術】
初期投資無料でここまで出来る。
サブスク活用の施設パワーUP術!

トリリオン 代表取締役

木地本 朋奈

省エネと、助成金・補助金による温浴施設の収益改善!

F2HConsulting 取締役

三輪 真史

省エネ設備の導入・メンテナンス、水道光熱費・法定点検費用等をはじめとするランニングコストの削減、各種の助成金・補助金の活用により、温浴施設のキャッシュフローを向上させます。

HCJセミナー

会  場 西3ホール特設会場
聴講者席 約80席

聴講無料事前登録制

(法人の種類、敬称略)

2月16日(火) 
12:10~12:50

日本の魅力を圧倒的に広めていく!ホテル様・旅館様、自治体様との協創により、全国の眠れる宝を掘り起こす「日本再興」!

ジョルダン/ジョルテ

2月16日(火) 
13:30~14:10

ウィズコロナ時代の給食管理システム活用のご紹介

ソフトム

2020年は働き方改革元年と新型コロナにより、給食事業者にとってはインパクトの大きい1年でした。
本セミナーでは、給食事業者のデジタル化による自社ノウハウの活用・生産性向上をテーマに、ウィズコロナ時代の給食システムのあるべき姿と給食現場やテレワークでの実際の活用事例をご紹介します。
給食事業者の生産性向上・業務改革のヒントにしていただければと考えています。

2月16日(火) 
14:50~15:30

宿泊施設の非対面、非接触および省人化をIoTで実現!
~ニューノーマル時代のホテルオペレーション~

構造計画研究所

本セミナーでは、近年増加している非対面、非接触型のホテル設計・運営を、スマートロックを用いて解決している事例をご紹介致します。

  • フロント業務を非対面で行うには何が必要か?
  • 現在の物理鍵やカードキーを使った運営との違いは?

等を徹底解説します。
ホテルから民泊まで、人件費の削減、オペレーションの効率化、複数棟の一元管理等の仕組みについても、解説いたします。

2月17日(水) 
12:10~12:50

Power to Listen:お客様の声をデータ化、活用することの重要性とは

TrustYou

コロナ禍における環境の変化に伴い、旅行者が旅行に求める価値も大きく変化しました。過去のデータや経験が参考にならない昨今、ゲストへの提供価値において、より高い柔軟性が求められています。効率性を重視しながらより高い価値提供をするためには、ゲストを知ることが一番の近道です。ウィズコロナ時代におけるクチコミ管理分析とデータ活用、さらにゲストの声を早期に把握し、リアルタイムに打ち手を講じる方法をご紹介します。

2月17日(水) 
13:30~14:10

アフターコロナにおける観光業界WEB戦略2021

アビリブ/プライムコンセプト

2月17日(水) 
14:50~15:30

非対面・非接触で真のホスピタリティを実現 今すぐ始める最先端モバイルチェックインを大公開

エアホスト

コロナ感染拡大でホスピタリティの転換期を迎えたホテル業界。
ゲストのモバイルで今すぐ始められる最先端の安心安全なチェックインアプリとは?
旅前から滞在中、チェックアウトまで、アップセル機能でひとり一人に合わせた「ちょっと贅沢な滞在体験」をご提案。
ホテルのブランディングを徹底強化する新時代の”おもてなし”を大公開。
無人ホテルを運営されている導入事例、ゲストからのレビューも合わせてご紹介します。

2月18日(木) 
10:50~11:30

一歩先を行く美味しさと発想転換が決め手!
最新液体凍結技術の活用がビジネスを救う!KEEP FRESH NEW BUSINESSのススメ

サラヤ FSS推進事業

新型コロナウイルス感染症の度重なる流行により、食を取り巻く環境は一変しました。その影響かは営業的なものから「食材ロス」や「衛生的な安全性」までさまざまな問題だ出てきています。最新の冷凍技術とその特性を理解し、うまく使いこなすことで、さまざまなロスを軽減と共に品質の高いテイクアウトや通販に対応する新しい商品づくりなどコロナ時代に対応する新たなビジネスへつながるヒントをご提案します。

2月18日(木) 
12:10~12:50

アフターコロナにおける観光業界WEB戦略2021

アビリブ/プライムコンセプト

2月18日(木) 
13:30~14:10

コロナ禍でも成果が出せる!完全自動レベニューマネジメントツール活用の秘訣

船井総合研究所

レベニューマネジメント業務は、イベント情報やシーズナリティ、ブッキングカーブなどを考慮し、微妙な価格調整を行うまさに“勘と経験”の職人技です。しかし、はたして本当にそのやり方が正しいのでしょうか?コロナ禍でもRevPARを10%押し上げる全く新しい方法があったとしたら、知りたくありませんか?本セミナーでは、業界初・完全自動のレベニューマネジメントツールを活用して、RevPARを向上させる方法をお伝えします。

2月18日(木) 
14:50~15:30

我々が進むべき観光業のニューノーマルとは?(仮)

全旅連青年部 政策委員会委員長 源蔵の湯 鳴子観光ホテル 常務取締役 大沼 孝晶 ほか

2月18日(木) 
16:10~16:50

Withコロナにおける労働生産性向上の取り組みと実例

全旅連青年部 労務委員会委員長 草津白根観光ホテル櫻井 常務取締役 櫻井 博史 ほか

2月19日(金) 
10:50~11:30

宿泊施設稼働アップ!顧客開拓!地方誘客!ワーケーションの可能性とは

国際観光施設協会 旅館観光地分科会長 川村 晃一郎

2月19日(金) 
13:30~14:10

プラントベースフードの定義と日本での今後の広がりについて

グリーンカルチャー 金田郷史

国内外で話題の植物肉をはじめ、プラントベースフードの今後の動向についてお話します。また、プラントベースフードは「SDGs」や「フードテック」とも密接な関係にあるため、その観点からも講演させていただきます。

サービス産業向け 次世代技術セミナー

会  場 西展示棟4ホール特設会場
聴講者席 150席(予定)

聴講無料事前登録制

(法人の種類、敬称略)

※表を左右にスクロールしてご覧ください。

2月16日(火) 2月17日(水) 2月18日(木) 2月19日(金)
10:50

11:30

ゴーストレストラン・
クラウドキッチンの
今とこれからの可能性について

SENTOEN
CEO

山口 大介

シェア型クラウドキッチン【KitchenBASE】を2019年の春に中目黒でオープンさせてから現在、25キッチンほどを運営しております。この2年間でデリバリー産業は大きな変化を見せています。今までのレストランとは違う戦略、戦術での戦い方をしているデリバリーの今とこれからどうなっていくのか、また飲食業界の産業構造の変化、それに伴う社会の移り変わりを経験した事例に基づきながらお話ししたいと思います。

AIレセプション活用による省人化とお客様満足度向上の実現

俺の
常務執行役員 営業本部長
山田 真輔

宿泊施設におけるICT の活用(仮)

登壇者調整中

リゾート地のDX 人流データ活用~CX向上とマーケティングへの応用~

東急リゾーツ&ステイ
経営企画統括部
デジタルマーケティング部

白倉 弘規

  • ホテルにおけるCX向上施策、スキー場における顧客アンケート
  • 本実証実験の経緯、目的
  • 人流データ取得後の展望(施設内「密」の回避、回遊の検証)
  • 当社が考える With/After コロナで求められるリゾート施設とは、今後の展望 等
12:10

12:50

ニューノーマル社会における
ホテルの在り方
~プリンス スマート イン~

プリンスホテル
PSI事業部長

前田 朋子

無人決済システムによる
店舗オペレーション革命

TOUCH TO GO
代表取締役社長

阿久津 智紀

コロナ禍において、消費者のみならず従業員においても対面への抵抗感が強まり、人材難はさらに加速している。このような小売店や飲食店の経営状況の悪化に対し、無人決済システムによる非対面決済の推進とオペレーションコストの低減を実現し、ニューノーマルな店舗の在り方を提案する。

OYOとテクノロジーで
共に発展する
ホテル・旅館産業

OYO Japan
副社長/ホテル事業 代表

田野崎 亮太

2019年に日本にてサービスを開始した、「OYO Hotel (オヨ ホテル)」の運営会社のOYO Japanのホテル事業代表が、テクノロジーを活用したホテル・旅館経営についてお話します。
現在、世界で最も急成長中のホテルブランドである「OYO」が加盟施設に提供する、独自システムや、AIなどのテクノロジーを活用した経営支援について。テクノロジー活用による稼働率向上について。

With コロナ/
After コロナに向けた
宿泊産業の集客戦略

東洋大学 国際観光学部 准教授

徳江 順一郎

新型コロナウィルスによって、ありとあらゆるこれまでの常識は一変し、「新しい生活様式」といった言葉もしばしば聞かれるようになった。こうした状況下において、宿泊産業はどのような集客を目指していけばいいのか、最新の事例も交えて検討したい。

13:30

14:10
「客数予測的中率
95%超」実現を達成。
伊勢の老舗食堂
『ゑびや』が取り組む
次世代型経営

EBILAB
東日本支社長

鈴木 秀樹

伊勢神宮の参道であるおはらい町、そこに「ゑびや大食堂」はあります。創業100年以上、当時はソロバンと食券でお会計をしていました。そこが今は、自社開発の客数や売上を予測する「来客予測AI」などを駆使し、売上5倍、客単価3倍、利益率10倍まで伸ばしました。コロナ禍においては、「混雑予報AI」など新しい取り組みもスタートしています。そんな私達が、どうやって次世代型経営にシフトしたかのお話をします。

「人とロボットの
適材適所」
実現に向けた挑戦

物語コーポレーション
代表取締役社長

加藤 央之

2021年1月より、当社『焼肉きんぐ』、『寿司・しゃぶしゃぶ ゆず庵』に運搬・配膳ロボットを順次導入します。「食べ放題」ならではの労務負荷、生産年齢人口の減少等の課題を解決しながら、お客様満足度向上に向けて当社が唱える「おせっかい文化」をいかに昇華させていくか。「人とロボットの共生」を通して、生産性とお客様満足度の向上に向けた当社の挑戦をご紹介します。

ウィズコロナ・
アフターコロナにおける
ロボットビジネス
~ロボティクス・トランスフォーメーション『RX』の推奨~

RobiZy副理事長 兼 専務理事

伊藤デイビッド拓史

ニチワ電機 専務取締役

西 耕平 他

これから来る
ニューノーマルな時代に
活躍が期待される
サービスロボット

RobiZy事務局長

伊藤 芳子 他

14:50

15:30

思いつきでおこなう機械化は投資のムダ!
~部分最適ではなく全体最適を追求して効率化を図るノウハウ~

宿泊施設活性化機構

伊藤 泰斗

2020年3月の変更処方箋を最後に沈黙を守ってきた宿泊業界シンクタンクであるJALFが、満を持して出す新たな処方箋。
全てのスライドが新作書き下ろしです。参加して損したとは決して言わせない渾身の現状把握と戦略をぜひ!

養老乃瀧
『ゼロ軒めロボ酒場』
実証実験に見る
外食産業ロボット活用の可能性

養老乃瀧
特命プロジェクト リーダー

籾谷 佳生

実証実験取り組みのきっかけと結果について

非接触・省人化・顧客生涯価値(LTV)の最大化を実現する宿泊業スマート化の最新動向

Live Smart
取締役

上田 大輔

フードテックの動向と
外食業界における
活用機会

野村総合研究所
グローバルインフラコンサルティング部
上級コンサルタント・プリンシパル

佐野 啓介

各産業において、新技術やデータを活用した第四次生産革命に向けた活動が進んでいる。機械化や自動化、また、デジタル化が相対的に遅れていたフード業界においても、フードテックをキーワードに新技術活用の波が押し寄せている。業界が抱える課題をフードテックでどのように解決し、今後のビジネスにつなげられるのかをレビューする。

16:10

16:50

withコロナ時代の
観光・サービス業における
先進的な取り組みについて

RobiZyプロジェクトプロモーションオフィサー

村上 出

アドダイスCEO

伊東 大輔 他

新しい時代の地方創生と
次世代ロボットビジネス

ビジネスソリューションパートナーズ
代表社員CEO、
RobiZyメンバーシップマネージャー

佐々木 剛 他

CRISP SALAD WORKSが
DXで切り拓く、
新しい顧客体験とは

CRISP
代表取締役社長

宮野 浩史

CRISP SALAD WORKSはカスタムサラダ専門店です。飲食にデジタルの力を取り入れ、今までにないレストランのあり方についてご紹介します。

セミナー予約

セミナーの予約には事前来場登録が必要です。
事前登録券をお手元にご用意のうえ、登録画面にお進みください。

事前登録券をお持ちでない方は、登録番号「2258501」とご記入ください。

2018 © Japan Management Association All Rights Reserved.