【NEW】サービス業 × テクノロジーEXPO

サービス業×テクノロジーEXPO

前回展示規模:75社/153ブース(1,349m2

テクノロジーによる様々なビジネスの劇的な変化はサービス業界にも大きなイノベーションをもたらしています。ここではデジタルテクノロジーをはじめとした各種テクノロジ―による「顧客体験価値(エクスペリエンスバリュー)向上」と「効率化(コストバリュー)向上」をサービス業界に向けて提案するゾーンです。

出展対象製品

宿泊Tech
ホテル・旅館を中心とした宿泊施設における顧客体験価値を向上するテクノロジーの提案。
外食Tech
デジタルテクノロジーを中心とした外食業態への提案と、味覚以外の五感へ訴求する新体験の提案。
観光Tech
観光という広いテーマにおける主にデジタルテクノロジ―を活用した顧客価値体験向上の為の提案。
  • 集客

    • マーケティングサービス
    • データ分析ツール
    • チャットボット
    • クチコミデータ分析
    • WEBサイト制作サービス
    • インフルエンサーマーケティング 等
    集客 イメージ
  • 決済

    • 決済サービス
    • ダイナミックプライシング
    • ロボット 等
    決済 イメージ
  • スマートファシリティ

    • プロパティマネジメントシステム
    • スマートロック
    • ロボットシェアリングサービス
    • 顔認証システム
    • Wi-Fi環境整備 等
    スマートファシリティ イメージ
  • サービス価値向上

    • 言語対応サービス
    • 顔認証サービス
    • 就労外国人向け教育ツール
    • AI
    • IOT
    • ロボット 等
    サービス価値向上 イメージ

HCJ内 サービス業×テクノロジー
をお勧めする
3つの理由

  • 1圧倒的な
    業界注目度!

    日本最大級のサービス産業向け展示会HCJ内で、今もホットなテクノロジーがテーマの企画で圧倒的な注目を集めます。

  • 2意思決定者と
    商談ができる

    本企画は、ホテル、外食、給食業界などのサービス産業に特化したHCJでの開催。直接商談により、既存事業の拡大や新規業界での顧客開拓の機会を創出します。

  • 3高感度の
    ユーザー企業を動員

    ソーシャルイノベーションを牽引する研究会による企画展示を併設し、未来のサービス業ユーザー企業内のアーリーアダプターを動員します。

前回来場者業種別分析
前回来場者業種別分析グラフ
前回来場者役職別分析
前回来場者役職別分析グラフ

サービス業界のイノベーション
を促進する
2つの研究会

  • 宿泊業研究会(旧:宿泊業のスマート化研究会)

    宿泊業の未来を見据え、テクノロジーを取り入れ、ホテルに訪れるお客様の体験価値をいかに変えることができるか。
    メーカー・ベンダーとユーザー企業や研究機関が垣根を越えて議論・実証を行い、宿泊業全体のイノベーションを促進、最終的には展示を通して表現します。

    詳細はこちら(準備中)

  • 外食業研究会((旧:ニューノーマル時代を生き残る外食店舗の在り方)

    外食経営者・設計士など店舗設営に携わる方とメーカー・ベンダーと領域を超えた議論・実験を行い、新時代に対応した店舗設計、コンセプト、食の提供方法などのイノベーションを促進最終的には展示を通して表現します。

    詳細はこちら(準備中)

※研究会の内容については、議事進行の中で変更となる可能性があります。

開催概要
会期 2023年2月7日(火)~10日(金)
10:00~17:00(最終日は16:30まで)
会場 東京ビッグサイト
東展示棟 1-8ホール
Secured By miniOrange