キャッシュレスTech

キャッシュレス社会の実現に向けて!今求められる技術・サービスを集結。

現在、サービス産業が抱える効率化・人手不足問題、非接触への対応等の課題解決に期待を集めているキャッシュレス技術。
世界では、現金を使わないキャッシュレス決済が急速に拡大しています。

キャッシュレス推進の意義・メリット

1消費者の利便性の向上
  • 手ぶらで簡単に買い物が可能に(大金の持ち歩きや小銭の管理が不要に)
  • お買い物の消費履歴の管理が簡単に(自動家計簿など)
  • カード紛失・盗難時の被害リスクが低い(条件次第で全額保証)
2店舗の効率化・売上拡大
  • 現金管理の手間の削減が可能に
    • レジ締めに係る作業時間はレジ1台当たり25分、1店舗当たり平均1日153分。これらの作業時間の短縮に
    • 従業員による売上現金紛失・盗難等のトラブル減少
    • 現金の搬出入回数の減少
  • 衛生的な取引が可能に
  • 従業員・消費者が、ウイルスを媒介する可能性のある現金に触れる機会削減
3データの利活用
  • 個人の購買情報を分析・利活用することにより、高度なマーケティングターゲット層向けの商品・サービスの開発が可能

出典:経済産業省「キャッシュレス決済を取り巻く環境の変化と本検討会で議論いただきたい点」

衛生面から注目されるキャッシュレス決済

  • 新型コロナウイルス感染症流行を受け、オンライン決済の増加や、実店舗でも現金に触れないため衛生的、従業員と顧客の接触機会を減らすという観点から、キャッシュレス決済に注目が集まっている。
  • 新しい生活様式や、各業界の定めるガイドラインでもキャッシュレス決済の利用が推奨されている。

新しい生活様式 (2020年5月4日 厚生労働省)

日常生活の各場面別の生活様式

買い物

  • 通販も利用
  • 電子決済の利用

業界の新型コロナウイルス感染症に対応したガイドライン

外食業
お客様の安全
会計処理に当たる場合は、可能であれば、電子マネー等の非接触型決済を導入する。

外食業の事業継続のためのガイドライン
(2020年5月14日 日本フードサービス協会、全国生活衛生同業組合中央会)

旅行業
お客様向けの対策
旅行代金の支払いは、振込やカード決済等、非来店・キャッシュレスを促進する。

「旅行業における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第1版)」
(2020年5月14日 日本旅行業協会 全国旅行業協会)

日本最大級のサービス産業向け展示会

前回来場者実績
外食・宿泊・小売業を中心に 40,255名

本展は年間30以上のBtoB専門展示会実績があり、国内最大規模展示会をオーガナイズする日本能率協会含む9団体が主催。
決済サービス利用の急拡大が見込まれる外食・レストラン産業、ホテル・宿泊産業関係者を中心に40,255名(前回実績)が来場するため売上拡大に直結する商談が可能です。

出典:前回アンケート結果

千載一遇の好機!
潜在顧客が押し寄せる展示会の「目玉企画」として開催!!

出展対象

  • 決済サービス

    スマホ決済、QRコード決済、バーコード決済、指紋認証決済、静脈認証決済、虹彩認証決済、顔認証決済、生体認証決済、仮想通貨決済、各種電子マネー、インターネットバンキング、他

  • 店舗向け設備・システム

    小型決済端末、無人レジ、セルフレジ、自動販売機、センサー、ロボット、カメラ、AI・人口知能システム、入店・出店管理システム、画像解析システム、物流・在庫管理システム、セキュリティシステム、他

  • インフラ技術

    ブロックチェーン技術、暗号化技術、セキュリティ技術、AI・人工知能、RFID技術、生体認証システム、通信インフラ、口座管理サービス、信用情報管理サービス、各種フィンテック、他

来場対象

宿泊・外食に関わる方

シティホテル・ビジネスホテル、リゾートホテル、旅館、カプセルホテル、ペンション、レストラン、カフェ、居酒屋、ファストフード 他

製造・市場流通に関わる方

メーカー、商社、給食、中食、小売 他

空間をつくる業種の方

ディベロッパー、設計、設備関係

観光・レジャーに関わる方

商業施設、レジャー施設、温浴施設、スパ 他

業界、事業の支援、推進をする方

官公庁、自治体、業界団体、商工会 他

関連レポート

  • サービス業におけるAIとキャッシュレス

    世界のAI市場、サービスロボット導入の動向、サービスロボット導入企業事例、キャッシュレス先進国の状況などをまとめました。

サービス業向け次世代技術EXPO

開催概要

会期2021年2月16日(火)~19日(金)
10:00~17:00(最終日は16:30まで)
会場東京ビッグサイト
西展示棟1~4ホール、南展示棟1~4ホール
同時開催 インバウンドマーケットEXPO
オリジナル商品開発WEEK

2018 © Japan Management Association All Rights Reserved.