東急リゾーツ&ステイ株式会社

東急リゾーツ&ステイ株式会社

資産企画統括部 資産管理部 部長

徳田 圭太 氏

コロナ禍の中でも前年比80%まで上がっている施設もあり、特にグランピングは順調です。

Q.コロナ禍での経営状況について

緊急事態宣言の間は休館していましたが、再開してからは順調に回復しており、8月には前年比80%まで上がっているところもあります。特にグランピングは順調で満室になる施設もあります。私どもは会員制ホテルを多く運営していますが、会員のお客様に安心して宿泊できると思っていただいていることもあり、コロナ禍の中でも幸いなことに大きな影響を受けておりません。今後、Go to トラベルの東京都除外が解除されれば更に回復することが期待されます。

Q.コロナ禍があったからこそ始めたサービスや進化について

テイクアウトに力を入れています。レストランにてコースで提供していた食事をお弁当箱やお重に詰めて提供し、お部屋でお召し上がりいただくというシステムを取っております。お客様には好評をいただいており、レストランの売り上げの一割近くをテイクアウトが占めています。
あとは、観光庁の補助事業である「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」に申込をしました。観光客を誘致し地域にお金を落としていただき、継続した地域の活性化に繋がるコンテンツ作りを考えています。宿泊施設だけでなく、自治体などと連携し地域全体を盛り上げていく取り組みを行っていきたいと思います。

Q.次回の本展示会でご覧になりたい製品、サービスについて

テイクアウトに使う、重厚感のあるお弁当ボックスを探しています。現在は各施設にあるお弁当箱や重箱を使用しているのですが、コースの食事を入れるには小さかったりするので、雰囲気が良くリサイクル可能な商材があれば是非とも取り入れたいと思います。あとは、省力化に繋がる自動清掃ロボットなどを探しています。オフィシャルバイヤー事前アポイント商談会に参加するので、現在、各部門で何を必要としているかヒアリングし、取りまとめているところです。

Q.通販やECサイトといった取り組みについて

「逸品おとりよせ」という会員の方向けのECサイトを運用しております。各施設がおススメする地域の商材や、館内の香りのするアロマオイルなどオリジナル商品を販売しています。コロナ禍の中で売り上げが急増しており200%ほど伸びています。今後、品揃えを充実しクオリティーを向上していきたいと思います。

Q.本展示会に来場したことがない方、または来場を検討している方へ

弊社内の各ホテル担当者に、HCJには必ず来場しないといけないと伝えております。この展示会は、目的の製品・サービスの商談をするだけでなく、最新のトレンドを知る情報収集の場としても活用することができます。情報の間口を広げることは大事だと思いますし、HCJはサービス業界にとって必須の展示会だと思います。

2018 © Japan Management Association All Rights Reserved.