お知らせ一覧

イノベーション創出活動を文化に

シリコンバレーをはじめとする世界各地のイノベーションエコシステムが勃興する中、
新規事業創出のための専門部署の設立や、海外へ人材を派遣したものの、
その後の事業創出になかなかつながらないという声が後を絶たない。

事業を創出していくための考え方や組織構成などを
一連のプログラムを通して体験する機会を提供します。

プログラム構成

  • 共同テーマ研究 ►

    社会課題解決をテーマに共同研究を実施し、異業種連携や企画の立案を実践する

  • 企業訪問 ►

    企業訪問を通して、イノベーションを実践的に起こしている現場を見て体感する

  • 有識者講演 ►

    創造的事業の創出に必要な体系的なメソッドの習得や、先進的な事例に触れることで自身のイノベーションプランを思考する

  • Silicon-Valley-New JapanSummit ►

    日系企業が海外のエコシステムの活用方法や、海外‐日本間の連携などの具体的課題解決のヒントを得る

主な対象者

  • 事業開発を担う方、もしくはこれから担ってほしい方
  • イノベーション推進を担う方、もしくはこれから担ってほしい方
  • スタートアップや他社との協業を始めたい方、さらにスケールアップしたい方
  • 社内手続きを担う法務部、経理部等間接部門の方

主な講師陣(敬称略・役職当時)

プログラム概要

2019年11月~2020年3月
(2019年度予定)

単位 開催月 大テーマ /内 容 / 設 問
1 11/8(月)
東京
キックオフ
  • オリエンテーション
  • 講義&討議:
    ヤフー CSO 安宅 和人
  • 共同テーマ研究
  • 日本を取り巻く環境とは?
  • 日本と世界の現状を俯瞰してみれるか?
  • 技術革新の流れを捉えられているのか?
2 11/17(日)

11/23(土)
シリコンバレー
海外合宿
海外のイノベーションの潮流と日系企業の活動について学ぶ
  • 企業訪問 IBM、SAP ほか
  • 講義&討議:
    AZCA 代表取締役社長 石井 正純
  • Silicon Valley - New Japan Summit
  • 海外のエコシステムの役割とは何か?
  • 現在の自社の課題を把握しているか?
  • 自分自身がイノベーションを生み出すために必要な覚悟と行動は何か?
3 1/17(金)
東京
イノベーションする組織について学ぶ
  • 講義&討議:
    ユニコーンファーム 代表取締役社長 田所 雅之
  • 共同テーマ研究
  • イノベーションする組織とは?
  • 組織を巻き込むために何をすべきか?
  • 外に目を向けた体制をととのえるには何が必要か?
4 2/14(金)
東京
新規事業開発の型を学ぶ
  • 講義&討議:
    コマツ 顧問 髙村 藤寿
  • 講義&討議:
    ソニー R&Dセンター 主席技官 島田 啓一郎
  • 共同テーマ研究
  • 自社が継続して存在するために何が必要か?
  • イノベーションを起こすための行動はできているか?
  • 顧客が自社に求めている価値は何か?
    自社が提供している価値は何か?
5 3/17(火)
東京
アクションへつなげる
  • 共同テーマ研究発表
    【コメンテータ】
    コマツ 顧問 髙村 藤寿
    デロイトトーマツベンチャーサポート 代表取締役社長 斎藤 祐馬
    AZCA 代表取締役社長 石井 正純
  • 未来を描きアクションを実行できるか?
  • このプログラムを通して得た学びとは何か?
  • イノベーションを起こすために実行すべきことは何か?

※日程・プログラム内容等は変更になる場合があります。

過去3年間でのシリコンバレー視察の訪問実績

企業訪問先

Cisco Systems、d school、GE Digtal、Gilead sciences、Google、IBM、IDEO、OneD Material、Otherlab、Plug & Play Tech Center、SAP、SRI International、Stanford University、Softbank、Takeoff Point、TOYOTA RESEARCH INSTITUTE、Wil、500 Startups 他

ゲスト講演

  • AZCA Managing Director 石井 正純 氏
  • アスタミューゼ 代表取締役社長 永井 歩 氏
  • コニカミノルタ 取締役会議長 松﨑 正年 氏
  • コマツ 取締役会長 野路 國夫 氏
  • Stanford University Research Scholar 櫛田 健児 氏
  • TOYOTA RESEARCH INSTITUTE CEO Gill Pratt 氏
  • ChatWork 代表取締役 山本 敏行 氏
  • TESLA Co-Faunder CTO J. B. Straubel 氏
  • TP Partners Managing Director 立野 智之 氏
  • 東京大学大学院 工学系研究科 教授 森川 博之 氏
  • Yamaha Motor Ventures&Laboratory Silicon Valley CEO 西城 洋志 氏

他(役職当時)

昨年のSilicon Valley New Japan Summitの参加企業(日系企業)

  • AGC
  • Aisin AW
  • Ajinomoto
  • Asahi Media Lab Ventures
  • Chuden CTI
  • Chugai
  • Consulate General of Japan in San Francisco
  • Daikin
  • DENSO
  • Development Bank of Japan
  • Docomo Innovations
  • Docomo Ventures FUJIFILM
  • Fujikura
  • Fujitsu Laboratories
  • Furukawa
  • Future
  • Hamamatsu Shinkin Bank
  • Hitachi
  • Hitachi Solutions
  • IHI
  • ITOCHU International
  • Japan Exchange Group
  • Japan Patent Office
  • JCB
  • JETRO
  • JT
  • JX Nippon Mining & Metals
  • Kajima
  • Kawasaki Heavy Industries
  • Kobe City
  • KOITO MANUFACTURING
  • Komatsu
  • KYOTO UNIVERSITY INNOVATION CAPITAL
  • Marubeni
  • Marubeni Information Systems
  • Mitsubishi Corporation
  • Mitsubishi Electric
  • Mitsubishi Heavy
  • Industries
  • Mitsui & Co
  • Mitsui Kinzoku
  • Mitsui Sumito Insurance
  • MUFG
  • NEC
  • NEDO
  • NHK
  • Nihon Unisys
  • Nikkei
  • Nippon Life Insurance
  • NISSAN MOTOR
  • Nomura Holdings
  • NTT Communications
  • NTT Comware
  • NTT DOCOMO Ventures
  • NTT FACILITIES Obayashi
  • Osaka Gas
  • Panasonic
  • Rakuten
  • SEKISUI CHEMICAL Shimizu
  • SoftBank Telecom America
  • Sojitz of America
  • Sumitomo
  • Sumitomo Electric
  • Sumitomo Life Insurance
  • Sumitomo Mitsui Banking
  • Suntory
  • Takenaka
  • The Dai-ichi Life Insurance
  • THE HOKURIKU BANK
  • TIS R&D Center
  • Tokyo University of Science Investment Management
  • TOSHIBA GLOBALCOMMERCE SOLUTIONS
  • Toshiba Information Systems
  • TOSHIBA TEC
  • TOYOTA Caelum
  • Toyota Research Institute
  • Toyota Tsusho

2018 © Japan Management Association All Rights Reserved.